Loading…

スポンサーサイト

Posted by teapond on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダージリンセカンドフラッシュ テイスティング

Posted by teapond on 01.2012 TEA   0 comments   0 trackback
おはようございます。

今朝のテイスティングは、昨日インドから届いたセカンドフラッシュの5銘柄。


今日のテイスティング














・・SEEYOK DJ-84 FTGFOP1

味わいの厚みも、喉の奥にのこる甘いムスク感も良い感じ。最近、ほうじ茶的個性の夏摘みダージリンが多いなかでは貴重な味わい。茶殻の深いワイン色に赤みがかった色も綺麗。

・RISHEEHAT DJ-157 FTGFOP1 MUSK

リシーハットならではのさらっと上品な印象。後味のフルーティーなみずみずしさは印象的だけれども、香り立ちと一口目の華やかさは物足りない。

・THUROBO DJ-236 FTGFOP MUSK
だまってたら、きっとタルボと思わないような、さらっとしすぎる感じですね。美味しくないわけではないのだけど、タルオだったら、もっと食い込んできて欲しいなぁと銘茶園にわがままな個性を求めてしまう。

・MARGARETS HOPE DJ-221 FTGFOP1 MUSK
なんだろう?クチナシ、果実、ほうじ香。ユニークで個性的な香りがとけあっているのだけど、まとまっていない感じなので正直苦手な印象です。気になるので、後で再チェックします。

・SELIMBONG DJ-84 FTGFOP1
口当たりの良さが印象的。活き活きとした味わいが美味しいけれど、残念なことに、香りに華がない。
でも、今年、セリンボンは、例年より出来がいい印象ですね。

シーズンも後半、平均してフラットな銘柄が多いなぁ。
強いて言えば、シーヨークがバランスが良かったですね。


www.teapond.jp
スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。